自分らしくないアイデンティティ

今日は、冬至なんですね。<>
お客様が、ゆずを下さいました。<>
いつも、ありがとうございます。
皆さまも、これからの寒さで、体調を崩されませんよう。
「疲れ」をためないよう、なさってくださいね。

ところで、意外と、「アイデンティティ」が、自分を「疲れ」させていたような気がしたんです。<>
いつものごとく、何となくなんですけど(^_^;)
「アイデンティティ」って、普通は、「自分らしさ」のこと。<>
例えば、昔、履歴書を書く時に、「自分の長所」を書く欄があったと思うんです。
その欄に、「何て書けば良いんだろう?」って悩んだこと、ありません?<>
僕は、自信の無い人間なので、
「長所なんて無いのにな」と長々と悩んで、
「責任感が強い。正義感が強い。」とかって、
「とりあえず」って感じで、適当に書いていました。(。-_-。)
そして、それを自分のアイデンティティ(自分らしさ)だと思っていました。
(ー ー;)
でも、それって、もしかしたら、僕の「自由」を束縛していたんじゃないかと思ったんです。
やっぱり、何処か、「相手に良く思われたい」という素直じゃない気持ちが入っていたのかな?と…。<>
そして、やりたくないけど、「責任感や正義感」で、やってしまってストレスや疲れを溜めていたのかもしれないなと…。
結局、アイデンティティ(自分らしさ)だと思っていた「責任感や正義感」が、「自由奔放」という本当の自分らしさに、スモークをかけていたように思いました。
やっぱり、「ストレスフリー」「自由」が好きだ

——————————————
てもみコリトル


http://seitainobu.hamazo.tv/e4392056.html

http://temomikoritoru.jimdo.com/?logout=1

http://seitainobu.hamazo.tv/e4392059.html