伝説のスピーチ

いつも、ありがとうございます。
今日、セヴァンスズキさんの講演会に行ってきました。
テーマは、2つ。
「エネルギー」と「気候変動」。
化石エネルギー、原子力エネルギーは、持続が不可能。
しかし、既に、それに依存する社会を作り、その生活を手放せなくなっている。
その結果、気候変動が激しくなった。
きっと、これからも、気候変動は激しくなるだろう。
そして、その気候変動による被害を受ける度に、持続可能なエネルギー社会を作らざるを得なくなっていく。
と、いうことだったと、僕なりに解釈しました。
それを聴いて、僕は、「カラダも地球も同じ。」
かもしれないと思いました。
「無駄なものはない。」という意味で。
エネルギー供給と称して、地球にメスを入れて、石油やウランをほじくり出して、別の場所に持って行って無駄遣いし、地球の生態系を壊している。
それでは、地球が病気になる。
カラダも、医療の進歩と称して、簡単に、メスを入れたり、X線やCTを当てたり、薬を服用させるようになってしまった。
それでは、カラダの生態系が壊れ、医療が新たな病気を生み出すという矛盾を生み出してしまう。
だから、これから、医療も、再生可能エネルギー的な方法での健康回復を目指さざるを得なくなっていくだろう。
そんな気がしました。<>
ついでに、人生も、「無駄なものがない。」ような気がします。<>
故スティーブジョブズ氏が言っていた、「点と点が繋がる。」という意味も何となく、分かるような気がしてきました。<>
スティーブジョブズ氏と、セヴァンスズキさんも、「伝説のスピーチ」で繋がっているし…。点々 <> (^_^;)




——————————————
てもみコリトル


http://s.ekiten.jp/shop_6051149/review.html

http://seitainobu.hamazo.tv/e4392056.html

http://temomikoritoru.jimdo.com/?logout=1

http://seitainobu.hamazo.tv/e4392059.html